軽こそ侮るなかれ②

本日は県東部方面へ・・・。


高速道路は絶対に使わないので

バイパスで。


開業以来この掟を破ったのは

遠方でのイベント参加の時のみ・・・。



平日で、

且つ、

天気がイイ日は

『取り締まり』も頻繁だ。


だから

私はあまりスピードは出さない。


せいぜい80キロ程度が上限・・・と心に決めている。



その速度で走る私の横を

らくらく追い抜いていくクルマが多い。


その半分程度が軽自動車だったりするから驚くのだが・・・。


昨日のネタが反響が多いので本日は

『続き』的なネタにしよう・・・と思う・・・。



私を追い抜いていく軽自動車達・・・。


何度も言うが

たった660㏄である。


3気筒の。


タコメーターが付いているなら

一体どの回転域にソレが指しているか

是非観て頂きたい・・・と思う・・・。


追い抜くだけではない。

あっという間に見えなくなってしまう軽自動車もある。


実に過酷で過激な使い方・・・である。


偶然だが

今週、軽自動車のタービンを交換している

クルマ屋さんが2件あった・・・。


スズキのエブリィと

ダイハツのアトレーだった・・・。


どちらも走行10万キロ程度。



『スズキのターボってすぐ逝っちゃうよな?』

とか、

『ダイハツのターボってダメだよなぁ・・・。』

なんてセリフをよく耳にする。


一般の方も言うが、

業界のプロの方もよく言っている・・・。


だが、

違う。


断じて違う。


ダメになってしまう・・・のではなく

ダメにしてしまっているのだ。


オーナーが。


もしくは

担当している

整備工場が。


要は、エンジンオイル・・・だ。


その交換スパンと

オイルの質。


それが適正であれば

10万キロ程度で

タービンが死ぬコトなど、絶対にない・・・。


特にフロントエンジンのクルマに比べ

エブリィやアトレーのような

運転席下にエンジンがレイアウトされているクルマは

特に注意が必要。


・・・熱的な問題が大きい。


フロントエンジンのように走行時に入ってくる『風』も期待はできない。


冷却の要である

冷却水の配管も長く

大抵の場合(車体前方にある)ラジエーターからの距離が長いので

『水的』にも辛い。


だから、

エンジンオイルにのしかかる負担は極めて大きい。


しかもターボ付き・・・なら尚のコト・・・。


以前エブリィターボに乗るオンナトモダチから夏場、

『オシリの下が異常に熱い!』

と電話をもらったコトがあるが

実際、そんなものだ。


その証拠にシートの下には遮蔽版のオンパレードだったりする。



だから、

エンジンオイルの交換はマメに。


そして

使うオイルは

それなりのモノを選んだ方が良いのは言うまでもないのです・・・。


ま、

ワンボックスでなくても

普通のFF車の場合、

ターボ付き

特に、

現在主流の

ロープレッシャーターボも全く同様です。


1300㏄の4気筒ライトバンを

あっという間に置き去りにする

その動力性能を支えているのは

相当無理なギリギリのコトが強いられている・・・というコトを

アタマの片隅に置くべき・・・なのです。


・・・たった660㏄の3気筒で。


さらに言いますと、

日本国内で一般的に使う軽自動車は

メーカーで言うトコロの

『シビアコンディション』

であります。


暖機無し。

エアコンフル稼働。

信号多し。

慢性的な渋滞。

夏と冬の外気温差。

朝晩と日中の外気温差。

おまけにちょっとの間ですら

アイドリングまで止める機能も付いている・・・。


くれぐれもオイル選びは

慎重に・・・。


軽自動車は

全てにおいて

普通車のような

『余裕』は一切ありません・・・。


2013-11-14 08.08.44-4.jpg
『ターボ付きだから・・・。』と安易に粘度の高いオイルのすると燃費が一気に悪化する。当たり前だが・・・。だから軽のターボ付きはオイル選びが難しい。ザックリ言えば『柔らかくて且つ固いオイル。』が望ましい。つまりある程度守備範囲の広い粘度を選ぶコトで安心感が得られる。ただ一般的に言うと守備範囲の広いオイルはその性能を出す為に高価である。でも、例えば、ホームセンターで安売りしてるオイルや、怪しくミーハーな整備工場お勧めの『店頭でビラビラとノボリが上がってるメーカー』のオイルは要注意・・・。基本原価の安いクソオイルなので。(笑)私なら5W-40のYACCOのVX600辺りをお勧めする。入れてみれば全然高くないコトに気づくオイルです・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

パポ
2020年02月21日 06:44
ヤマモトさんお疲れ様です。数年前に知人が買った軽自動車、ターボ車なのにアイドリングストップが付いていて!ターボ軸大丈夫なのかな? と驚きました…
ターボタイマーを使っていた頃が懐かしいですね
yamamoto works
2020年02月21日 08:04
コメントありがとうございます。

今の軽自動車は
ターボもアイドリングスナップも
おまけに電気モーターも
全方位センサーもバックモニターも
標準装備みたいなものです。

もはや家電品とかスマホみたいなモノですよ…。苦笑。
MOU
2020年02月22日 19:06
お疲れ様です。うちの娘の乗っていたRRは17万キロオーバーでしたが、タービン交換はしていませんでした。鹿児島なので5W-40を使っています。   VX600か900FXがお気に入りでした。 
yamamoto works
2020年02月22日 21:29
コメントありがとうございます。

そのクラスのオイルを選べば
ならタービンが逝くコトないでしょうね…。手前味噌ですが。笑。

そのような事例はほんとうにありがたいです。
またよろしくお願い申し上げます。

過去ログ