愛する気持ち

雨の日曜日・・・。


ツーリング計画も

イベント計画も

文字通り水を差された・・・なんて人も

多かったでしょう・・・。


そんな雨の中、

お客様が1組・・・。


ウチには珍しいハイブリッド車・・・であります。


ホント珍しい・・・。


実際、ウチの常連様で

ハイブリッド車は今やこの方のみ・・・。


ちなみにマジメで大人しいオーナー様です。


キッチリ5000キロもしくは半年で

オイル交換にやって来てくれます。


・・・ま、ウチには0W-20のオイルが

MEISTERの800MXしかないので

毎度毎度フィルター交換と共にこのオイルを使って頂いています。


ハイブリッド車というと

趣味性は低い・・・と考えるのは普通かと思います。


ま、それでも世の中には

プリウスやアクアを必死にドレスアップするなんて人も

街中ではチョイチョイ見掛けますが・・・。


・・・それも趣味・・・と言えば趣味・・・であります。


日々他人のクルマやバイクに触れていると

それらを愛するオーナー様の気持ちは

愛車を通じて伝わってきたりします。


・・・その反面、全く伝わってこない場合もありますが・・・。(苦笑)


それが例えハイブリッドだろうがあるいは完全EVだろうが、

あるいは軽トラだろうが商用車だろうが、

その愛車を想う気持ちは

とんでもないヴィンテージ・フェラーリに乗る人と

さほど変わらないのかもしれません・・・。



昨年郊外から街中に引っ越したバイク屋さんが言っていましたが、

『街中に来たら飛び込みの原付のパンク修理とかが妙に増えた。』

さらに、場合によっては

ママチャリ等のパンク修理も来るようになったそうだ。


カフェレーサーの作成やカスタムを得意とするそのショップは

そんな『場所』での客層の違いに引っ越し当時は戸惑ったそうだ。


そんな仕事もやらなくては・・・と当初は請け負ってはいたが、

そんな客層に共通して言えるあるコトがわかり始めたそう・・・。


それは、消耗品であるタイヤやチェーン、

それにオイルに関しても超無関心だ・・・というコト。


『パンク修理だけして下さい。』

と、言われてもそのタイヤが山はおろかキャンバスが出てしまっていれば

プロとしては、

『タイヤ、交換してましょう。』

と提案するのは当たり前だが、ほぼ100%の確率で断られるそうだ。


つまり、通勤等に使っている原付の場合、

オーナーはそれを『道具』としか見ておらず、

パンクでもしなければ修理やメンテなど一切しないそうだ。

結局、それらにカネを使う気など毛頭ない・・・のだ。


『ダメになったら交換します。まだ走れるので。』

危険なタイヤのままモヤモヤした気持ちで

それらを送り出すコトを繰り返している内に

そういう仕事を断るようになった・・・そうだ。


確かにそういう客のほとんどが緊急事態の時だけの一見様で、

実際タイヤ交換に戻ってきた客など一切居なかったから・・・。


だから、元来のスタイル、

オーナー様の『こうしたい、ああしたい』に応える

『趣味としてのオートバイ屋』を貫くコトにした・・・と。


・・・ま、実際、原付でなくても

クルマでもそういう案件はある・・・。


私の女友達で

自分の旦那がクルマを大事にしない・・・と

ボヤいているのが居たっけ・・・。



結局、

クルマやバイクを

単なる生活の道具と捉えている人は

話ができない・・・・・・・。(苦笑)


車種ではなく、

その『人』『人間性』の問題・・・なのだが。


通勤につかう原付だって

ハイブリッド車だって

『愛する気持ち』を持ったオーナー様は

存在する・・・。


そういう人に

オイルの重要性を理解して頂ければ

私的には

それだけで充分だと思っています・・・。


800.jpg
本日のオーナー様は新車時からずっと800MXを入れてくれている。乗ってる車種ではなくそのオーナー様の気持ちを最優先させる。彼が大枚をはたいて買ったハイブリッド車だと知ってるので。例え軽トラだろうが商用車だろうが愛車を『愛する気持ち』があれば話はできます・・・。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

過去ログ